不思議な話③

2020年01月25日

本編?をお話します。

 

長く付き合いのある友人の話です。

もうかれこれ25年くらいの付き合いで、当時でも10年ほどは

経過していたと思います。

 

その友人がまだ前妻と出会う前に起きたことです。

 

友人は「リネン」を扱う会社に勤めており、時折取引先に

出向し、扱ってくださる会社で販売員をしておりました。

 

今回も同様に取引先に出かけ、そこで

「彼女」に出会いました。

 

当時友人は35歳で、「彼女」は27歳くらいでした。

 

二人は、商品販売を通じて仲良くなり

2週間ほどで、二人で会うようになりました。

 

私も、「彼女」のことは友人からよく聞いておりました。

「彼女」の趣味、好きな食べ物、好きな場所等

いわゆる“のろけ”でした。でもとても嬉しそうな友人をみて

ほほえましく感じていました。

 

幸せな“バカップル”でしかありませんでした。

 

何度も会って、そろそろ男女の関係になるのではないかと言うころでした。

チューしかしてないことを、笑ってました。

 

 

風景1

(写真:閑話休題)

 

ある日のことです。

友人から電話がありました。

友人「彼女の態度が気になるんだ。」

私 「ん?浮気でもされた?」

友人「いや、そんなことじゃない。」

私 「どうした?深刻な話に感じるが…。」

 

友人「実は、彼女の様子というか、態度というか。何かが違うんだ。」

友人によると、電話やメールだけだけど、

なんだか違う人みたくなっていて態度が高圧的に感じるし

そのようなことを言うようになってしまい、

優しく落ち着いた感じの彼女が好きだった友人は、パニックに近い様子でした。

 

そのときは、気持ちを落ち着かせてなだめて電話をきりました。

ストーカーされている訳でもなく、職場ではいつもどうりなので、

暫く様子を見ようということにしました。