不思議な話 特別編 競馬予想と霊能者

2020年02月03日

今日誕生日を迎える「友人」に贈る実話です。

 

お世話に(?)なっていた霊能者のお一人とのお話です。

前述した「不思議な話①~⑤」の方とは別人です。

なぜ、別人かは後日の話にします。

 

この霊能者(以下、先生)がご祈祷等を行うのはマンションの1室でした。

祭壇が設置されており、その方が祭壇に向かいお祈りされると

“神様”からお告げをいただいて、先生が伝えてくださるという

スタイルでした。

 

私をたくさんの霊峰に連れていってくださった先生です。

 

毎週のようにお会いしていただいてましたこともあり、

お弟子さんたちとは違いますが、よくして頂いておりました。

 

お伺いするのが、2桁くらになろうというときでした。

珍しく、相談者の人がなく静かな日でした。

 

たまたま週末で、競馬を日曜にやるつもりでした。

週末の予定を聞かれて「大きなレースがあるので、競馬を1レースだけやります」と話ました。

すると霊能者の先生が「さすがに神様は競馬予想なんてしないだろうよ」

それはそうです。普通相談者の方々は、お金を支払って人生相談されるよなとことろです。

家族を救う方法、借金の清算、商売始めそして除霊など。

 

私も笑って「はい、承知しております」と答えました。

それから、相談者の方がこられたりして数時間たち帰ろうとしました。

 

すると先生から「待ちなさい!2-7って神様が…。」先生も自分の言葉に驚いてます。

それはそうです。まさか神様から予想が告げられるなど“あり得ない!”

初めてだとおつしゃる顔は今でも忘れません。

 

私は、ピンときました。というか、その時

神様から肩をポンと叩かれたような気がしました。

先生には言ってませんでしたが、そのころなんとなくではありますが

神様が先生に告げられる折に、断片を聞き取れるような感覚がありました.

誤解を生むおそれもありましたので、何も言ってませんでした。

 

先生が、「こんなこと初めてだよ。あんた神様に気に入られてるんだろうね!」

それからお弟子さんの一人に2万円分の馬券を購入するようにおっしゃってました。

私は心の中で「先生、その馬券外れますよ。」とつぶやきました。

神様がポンと肩を叩かれた意味のひとつです。

 

1週間後にまた伺いました。

先生に「競馬予想ありがとうございました。これ当たった金額の1部(3000円)です」

そう告げて、お布施をして祭壇に向かいお礼を述べました。

 

先生はきょとんとされておりました。そして

「あれ!? 外れだよね?なんでお前さんはあたってるの?」

 

私「はい。結果7-8で当たりました。」

先生「いや、神様は2-7って言ったよね。なんで?」

 

先生には、「わかりません。ただ私は予想いただいたことを忘れてました。

当たってから思い出して、ここに来ました。」とお伝えしました。

 

祭壇にむかって正座して神様にこころの中でお伝えしたこと。

「ありがとうございました。おかげ様で2通りの購入だけで済みました。

(ほぼ)当たりをお教えいただいたこと感謝申し上げます。少ないですがお布施にて

お返しします。(笑)」

「神様、私は神様のお声を聴くことはできません。でも、いいのですか。

教えていただいた予想を聞けば正しい答えが7-8と分かります。

やはり、神様にお仕えする人が楽してお金を手にすることがダメなことなんですね。

先生には意地悪な気もしますが、先生には何も言わないことにします。

ありがとうございました。美味しいものを食べにゆきます。」

 

マンションのエレベーターに乗る時、再び肩を“ポン”と叩かれたように感じたのは錯覚でしょうか。

 

 

追記  美味しく食べたものは「から揚げ弁当 400円くらい」

    競馬の利益…2万円です。(先生が損した額です。後でお布施として何回かに分けて半分お返ししました。)

 

欲張ると、バチが当たりますから大金を賭けたりしないです。(笑)

 

 

ななちゃんとみかんちゃん

(著作権:furacyan  キャッツネーム:whit : nana     mike : mikan)

 

並んで寝る猫たちの幸せそうな姿が、とてもかわいいです。

 

一緒に眠る事ができれば、最高ですね。

 

*写真の向きが正しくなくてすみません。